コーキングの打ち替えのタイミングは?

そもそもコーキングってなに?

外壁の部材と部材の間を埋める、ゴム状のものを見かけたことはありませんか?

ちょうどこんな感じのものを……

これがコーキングです!

これが建物内に空気・雨水などが浸入することを防いだり、建物の膨張・伸縮の際に部材と部材の間の緩衝材の役割を果たしてくれるんです!

コーキング打ち替えのタイミングはいつ?

コーキングの打ち替えは、環境にもよりますが10年に一度を目安にお考えください。
それぐらい経過すると、劣化が始まってボロボロに……一般の方でもひと目見てわかるかと思います。

どう見てもボロボロ。ここから水分が侵入します。

□ コーキングにヒビ割れ・切れが見られる
□ コーキング箇所が痩せ細って隙間がある
□ コーキングが硬化してしまっている
□ コーキングに剥がれが見られる

こんな症状があれば、劣化している証拠!
防水性・気密性が低下していますので、すぐにご連絡ください!

また、打ち増しという、既存のコーキング材の上に新たに打ち足す工事もあります。
打ち替えに比べて施工がお手軽にでき、材料費も安く済みますが、あくまでこれは応急処置的な工事とお考えください。
新しく打ったところで、その下には劣化したコーキングがありますし、せっかくコーキング工事をするのであれば、打ち増しではなく、打ち替えをおすすめします。

コーキングの打ち替えってどんなことをやっているか見てみたい!

以前にも古くなったコーキングを撤去・打ち替えしているところをご紹介させていただいております。

成田市(S様邸)の外壁塗装 作業工程をダイジェストでご紹介!

よければこちらの記事もご確認ください! 写真つきで解説してます☆

 


一覧ページに戻る