塗り替え時期のポイントチェック

外壁塗装・屋根塗装のタイミングは一般的には5~10年前後(新築の場合も)と言われています。
けれども、外壁材や塗料の種類、周辺環境によって、お住まいの劣化スピードは変わってくるもの。
「まだ大丈夫」と思っていても、塗り替え時期はすぐそこまで来ているかもしれません。

そこで皆様にご紹介したいのが、簡単にできる「塗り替え時期チェック」です。
お住まいからのSOSサインを発見したら、すぐに戸ヶ崎興業にご連絡ください。

外壁に手で触れると、手に白い粉が付いてきたことはありませんか?
それは塗膜の劣化が進行しているサインです。

“チョーキング現象”といい、紫外線によって塗料が分解され、粉末状になっている状態。
こうなると本来の塗料の性能を発揮できなくなり、外壁自体にも劣化が及んできます。

塗り替えにベストなのは、チョーキング現象が見られるタイミング。
これ以上劣化が進行してしまうと、外壁の補修などに費用がかかってしまい、費用対効果の悪い状態となってしまいます。

【お問い合わせ】 お問い合わせ・見積もり無料はコチラ
【TEL】 0480-44-8483

振動や台風など、建物に繰り返し負荷がかかることで、ひび割れが生じます。
様々な外壁材の中でも、モルタル外壁に起こることの多い症状です。

ひび割れは、外壁奥深くへ雨水の浸入を許す、大きな要因となってしまいます。
大きいひび割れだけでなく、爪先が入らないほどの細く目立たないひび割れ(ヘアクラック)にも、注意が必要。

ひび割れから建物の内部に浸入した水分は、昼夜の寒暖差などで凍結・膨張し、ひび割れを内部から押し広げていきます。

【お問い合わせ】  お問い合わせ・見積もり無料はコチラ
【TEL】 0480-44-8483

カビ・錆・コケなどは日当たりの悪い北側、日陰になりやすいところに発生することが多いもの。
これらは常にその内部に湿気を含んでいるため、外壁の傷みをさらに進行させてしまいます。

長い間湿気にさらされた外壁や屋根は強度が落ち、ちょっと力を加えただけで表面がポロポロと崩れてしまうことも珍しくはありません。

万が一これらの症状が見られた時は、劣化がかなり進行している状態です。
急いで塗り替えを行いましょう。

【お問い合わせ】  お問い合わせ・見積もり無料はコチラ
【TEL】 0480-44-8483

下地の劣化や、密着不良によって起こる”塗膜の剥がれ”は、外壁からの最終警告。
外壁を守るものが何も無くなり、直射日光や風雨によるダメージが直接外壁を襲います。

この状態で放置してしまうと、雨水は確実に浸入し、建物の強度は低下する一方です。
塗装・修繕を行うにも、素材の交換や下地処理が必要となり、費用も高額になってしまいます。

こうなる前の段階で、早めの塗り替えを行いましょう。

【お問い合わせ】  お問い合わせ・見積もり無料はコチラ
【TEL】 0480-44-8483

室内のクロスに、染みを見つけたら赤信号!
外壁から雨水が浸入し、室内にまで到達した可能性があります。

雨漏りを引き起こすと、柱の腐食や要となる骨組みまでもろくなってしまうこともあり、放っておくと大規模な修繕が必要になることも。
また、アレルギーを引き起こす原因にもなります。

建物にも人体にも影響を及ぼすので、クロスに染みやカビが発生したら、早急にご相談ください。

【お問い合わせ】 お問い合わせ・見積もり無料はコチラ
【TEL】 0480-44-8483