シーリング・コーキング

シーリングが必要な理由とは?

シーリング(コーキング)とは、外壁の隙間やサッシまわりに見られるゴム状の目地材のこと。
建材には熱による膨張や衝撃を和らげる隙間が設けられており、その隙間を埋めるためにシーリングが必要となります。
シーリングは、建材同士の“クッション材”としての役割と、あらゆる隙間を埋めることができる高い防水力と気密性を持ち合わせています。

「窓の隙間から水が入ってくる…」「劣化が進んで、外壁の隙間がボロボロ…」といった症状がみられる場合は、そのままにせず当社までご連絡ください。

目地材は5年を過ぎた頃から劣化が始まると言われており、水の侵入により建物の構造内部にまで影響が及んでしまうと、腐食が進み耐震性を損なう危険がありますので、定期的な補修が必要です。

戸ヶ崎興業ではシーリング材として「オートン イクシード」を使用しています。

いつまでも安心して暮らせるよう、しっかりと建物の補修をしていきましょう◎

シーリングの役割・オートン イクシードとは?

耐用年数が長い塗料で外壁塗装をするにあたり、シーリング材もそれに合わせて選ぶ事が必要です。「オートン イクシード」は耐用年数15年超の塗料以上の寿命を持つシーリング材で、その寿命は20年超とも言われています。

□ 建物への水分の浸入を防ぐ
□ 気温の変化による壁材の伸縮、衝撃を吸収する
□ 外壁の劣化によるひび割れを補修する
□ 繰り返しの動きに強い
□ ずっと柔らかさが変わらない
□ 紫外線などによるひび割れが少ない
□ リフォームのトータルコストを抑えられる

■オートン イクシードは長持ち!

他社では一般的なシーリング材やホームセンターなどで手に入るシーリング材を使用する場合が多く、基本的に5~10年程度で劣化します。つまり、おおよそ5年後毎にメンテナンスが必要になるため長期的にみると負担が大きくなってしまうのです。

当社では「オートン イクシード」を使用。オートン イクシードではメンテナンスの期間も約15年と長く、長期的に安心して住むことができます。


※戸ヶ崎興業ではこのオートン イクシードを使用

■オートン イクシードはコスパが良い!

メンテナンス回数が少なく済むので、施工後のトータルコストを抑えることが出来ます。

オートン イクシードのパンフレットはこちらへ≫

こんなときは塗り替え時?傷み具合をチェックするにはこちらから!

【お問い合わせ】 お問い合わせフォームはこちら
【TEL】 0480-44-8483
【対応エリア】 加須市・久喜市を中心に埼玉県、近郊エリアにフットワーク軽くお伺い!

一覧ページに戻る